i ひとりごと!

観たもの、読んだもの、体験したことの記録

映像(映画・テレビ)

君のネバヤンショートモンキーズ、横から見るか?

最近観た・聴いた・読んだもろもろです。 『君の名は。』 新海誠 映像、音楽、脚本・演出、声優どれも最高でした。2016年ナンバーワンは伊達じゃありませんでした。CMでさえ盛り上げ方が上手すぎてちょっと鳥肌立ちました。 『YASHINOKI HOUSE』 『fam fam』…

いまさら翼と夜行サイド

『いまさら翼といわれても』 米澤穂信 古典部シリーズ最新刊。将来を考えだす年頃になると悩みが一気に増える気がします。 『夜行』 森見登美彦 森見作品は勢いあるユーモラスなものより、『きつねのはなし』、『宵山万華鏡』 などのダークなものが好みです…

パルプスポッティング

10年ぶりくらいのを2つ観ました。 どっちも完全にストーリー忘れてましたので新鮮。 『パルプフィクション』 監督:クエンティン・タランティーノ 会話、音楽、ファッション、セット…特に意味はなかったとしても楽しかったです。 オープニングのあの感じも最…

激突!黄金狂砂の女の靴磨き VS 奇妙な時計じかけのミサイルマン

『激突!』 監督:スティーブン・スピルバーグ 姿が見えない相手に因縁をつけられ恐怖する描写が面白かったです。 最後まで謎のままなのも良いです。 『砂の女』 安部公房 何となく読んでみました。エンタメ性たかいな~と思いました。 『黄金狂時代』 監督…

岸和田少年ダイナー

『岸和田少年愚連隊』 監督:井筒和幸 高校時代、正月深夜に放送されていたのを観て以来、一番好きな映画です。10年ぶりくらいに観直してみました。 カッコイイアクションも、綺麗な風景も、あっと驚くどんでん返しもないし、思い出補正が強いのかもしれませ…

春季限定独白するらせん貞子VSホットガタカ事件

最近観た諸々です。 『貞子vs伽倻子』 監督:白石晃士 貞子と伽椰子の特徴を生かしつつストーリーを展開させ、かつ程良く怖い! 『ホット・ファズ』 監督:エドガー・ライト 『ショーン・オブ・ザ・デット』と同じ顔ぶれ。サイモン・ペグとニック・フロスト…

最近観た読んだ諸々

『シュタインズ・ゲート』 設定・ストーリーともにすごく練られていてとにかくすごい。過去改変や並行世界など同じお題を与えられても、これ以上の作品はできないんじゃないかというくらい面白かったです。 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん 映画、ドラ…

ロック、ストック&スナイパーの教典

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』 監督:ガイ・リッチー 同監督作品の『スナッチ』と同様、三つ巴戦の絡みが非常に楽しい映画でした。 またこんな絡み合ったのが気持ちよく解けていくような作品を撮ってほしいです。 『アメリカン・ス…

ハロー!?悪人

『ハロー!?ゴースト』 監督:キム・ヨンタク 映像がとびきり綺麗なわけでも、音楽が優れているわけでもありませんが、とにかく脚本が素晴らしいです。近年観た中で脚本部門ナンバーワンかもしれません。よくあるハートフルコメディと思いきや…やられました。…

イニシエーションの匣、グーニーズと顔のない依頼人

『イニシエーション・ラブ』 監督:堤幸彦 DVDで観たので、謳い文句通りすぐに観直してしまいました。 松田翔太さんがブチ切れて物に当たったときに、何かが前田敦子さんの額?に当たるカットがあったと思うんですが、あれも何かの伏線だったのでしょうか? …

最近観たアニメ

『東のエデン』 テレビ、映画版通して観ました。設定、ストーリーともに大人っぽい作品でした。 アニメ版観終わった時点で映画版での結末に期待を持ち過ぎたせいで、映画版はやや拍子抜け感はありましたが、クールに収まって一件落着な印象でした。 『輪るピ…

最近の鑑賞

最近もちらほら映画・小説を楽しんでました。 『隣の家の少女』 監督:グレゴリー・M・ウィルソン 胸糞作品です。可哀そう…。が、もっと胸糞にできそうな余力も感じました。 『ゾンビ』 監督:ジョージ・A・ロメロ ゾンビ映画といえばコレ!な作品だとよく耳…

セッション

ポケモンGO流行ってますね。 僕もちょびっとだけしてますが、田舎のためかいいモンスターに巡り会えません。といかモンスター自体になかなか出会えません。 『セッション』 監督:デミアン・チャゼル 昨日夜中に観ました。このテーマ、脚本、よくこんなの思…

マリアアンクルオブザデッドの子

またまた最近観た作品をいくつか…。 『マリアビートル』 伊坂幸太郎 グラスホッパーの続編的な作品です。ただただ楽しめました。 伏線回収、セリフ回しが読んでいて気持ち良かったです。 『コードネーム U.N.C.L.E.』 監督:ガイ・リッチー ガイ・リッチー作…

最近の映画鑑賞と読書

最近観た&読んだ作品です。 まずは映画。 『タンポポ』 監督:伊丹十三 伊丹作品常連の宮本信子さんと山崎努さん。本筋から外れたオムニバスストーリーも盛り込まれていてボリューム満点の作品でした。 『ドッグヴィル』 監督:ラース・フォン・トリアー 後…

気球クラブ

『気球クラブ、その後』 監督:園子温 とても良かったです。 園子温監督とえば、グロテスク、残酷、わずかに見える希望が僕のイメージ。 最近好んでよく観ますが、とにかく作品数が多いです。とりあえず手にした今作品は青春もの。大好物です。しかも気球と…

映画ほかもろもろ

最近もちょこちょこ映画を観、本を読んでいます。 『気狂いピエロ』 『きのうの神さま』 『紀子の食卓』 『恋の罪』 『ミザリー』 『3-4x 10月』 『鉄男 THE BULLET MAN』 『ヒミズ』 どの映画・本もほんと面白い! 正義が勝つ、恋愛成就、サクセスストーリ…

ぶっ生き返すと生きたいとMUSIC VIDEO

便サン繋がりでマキシマムザホルモンの『ぶっ生き返す』を借りました。 YouTubeでしか聴いたことありませんでしたが、音源聴くと鳥肌立つくらい良かったです。 ライナーノートの曲解説も面白かったです。マキシマムザ亮君は文才もスゴイ。 音源と歌詞ノート…

東京物語

『東京物語』 監督:小津安二郎 日本の映画史に残る映画といえばこの作品が良く上がるかと思いますが、今回初めて観ました。 小津作品は子供の頃、じいちゃんに『長屋紳士録』とタイトルは忘れrましたがもう一作品観させてもらった記憶があります。 じいちゃ…

最近観た映画

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ワンカット風な撮り方で独特な映画でした。また現実と妄想が入り乱れてて複雑な感じでした。 『チェンジリング』 監督:ピーター・メダック 心霊現象…

海街・オブ・リカーシブル

『キング・オブ・コメディ』 監督:マーティン・スコセッシ 『タクシードライバー』同様に狂気を持ちつつも、全く異なったキャラを演じているロバート・デ・ニーロってやっぱすごいです。自分の才能と輝かしい未来を信じて疑わず、またそれを実現させるため…

インターステラー

『インターステラー』 監督:クリストファー・ノーラン 何と言っていいか……。とにかくすごかったです。うまく言えません。でも完璧。 今まで観たことない映画、でもないのか?しかししいて言えば『2001年 宇宙の旅』の現代版みたいな要素もありますが、かつ…

容疑者Xの侍ドライバー

『容疑者Xの献身』 監督:西谷弘 先日テレビで流れているのをなんとなく観ましたが、予想外に面白かったです。 おもしろさの要素はたくさんあると思いますが、何よりも堤真一の演技力に尽きる、彼の一人舞台、そんな印象でした。 『七人の侍』 監督:黒澤明 …

陽気な逆噴射器官

最近観たもの読んだもの 『逆噴射家族』 監督:石井聰亙 石井聰亙監督作品は『狂い咲きサンダーロード』、『爆裂都市』に続いて三作目となりました。 石井監督の映画はいつもぶっ飛んでいますが、今作はそんな中にもほのぼのするようなシーンがあってとても…

『歩いても 歩いても』

『歩いても 歩いても』 監督:是枝裕和 すごくすごく良い映画でした。マイベスト映画トップ10に入りました。 本音と建前、嘘と真の気持ちが透けて見えるような演出が見事で、微妙な気持ちの変化も丁寧にわかりやすかった分、どの人物に対しても感情移入が容…

ドニーインシテファニードライブ

『ドニー・ダーコ』 監督:リチャード・ケリー タイムトラベル?パラレルワールド?な作品でした。 ジェイク・ギレンホールが素晴らしかったです。 『インシテミル』 監督:中田秀夫 米澤穂信原作でしたがだいぶかけ離れてました。小説ならではの細かな表現…

うる星やつら2とグラン・トリノとソナチネと満願

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』 監督:押井守 アニメのうる星やつらは観たことありませんでしたが、何かと評判がよかったので借りてみました。 原作者の高橋留美子さんからは完全に切り離された、押井守監督のうる星やつらでした。 テーマは…

グッド・ウィル・手毬唄の概算

『グッド・ウィル・ハンティング』 監督:ガズ・ヴァン・サント ヒューマンドラマ。仲間たちが良い奴でした。 『惡魔の手毬唄』 監督:市川崑 石坂金田一。おどろおどろしい雰囲気満点でした。岸恵子さんがすごく綺麗。 『ふたりの距離の概算』 米澤穂信 古…

マルサのHANA-BI

『マルサの女』 監督:伊丹十三 シュールなシーン多めで面白かったです。脱税という誰もがスルーしそうなテーマをあえて採り上げ、かつこんなに面白くできるのだから伊丹監督は偉大だと思います。 『HANA-BI』 監督:北野武 北野監督の映画を観るのは気力・…

ピアニスト残虐記

『ピアニスト』 監督:ミヒャエル・ハネケ どんなふうに解釈したらいいのか。一人では十分に理解できませんでしたが、こちらの評論家さんの解釈がしっくりきました。 +++『ピアニスト』 ミヒャエル・ハネケ 文:大場正明+++ ピアニスト=男性で、最後のシー…