読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i ひとりごと!

観たもの、読んだもの、体験したことの記録

ミノー ジャークベイト

自分がバス釣りで使うハードルアーは、ミノーもしくはシャッドばかり。

夏場は特にミノーしか使わない場合も多いです。

ハードルアー自体もち数が少なく、バリエーションもありませんが、よく使うミノーのインプレを少しだけしてみたいと思います。

 

 

f:id:nunobe:20150719070553j:image

 

使用しているのは主に上の4つです。

左上:ハマミノー86F(常吉)

右上:ワンテンjr.(メガバス

左下:アシュラspec2(OSP)

右下:エックスラップ(ラパラ)

 

 アクションは基本ただ巻きかジャークです。ときどき合間にトゥイッチを入れたりもします。

特にジャーク時のアクションは、いかにも身をひるがえすベイトのようで、これを演出して釣れれば、バスを自分のテクニックで騙すことができたような気分になれて最高にテンションが上がります。気持ちいいです。この気持ちよさのためにミノーを愛用しています。

他のプラグにはない静と動の落差を生むアクションがライブ感を醸し出し、バスだけでなく僕も多くの釣り人もこのミノーというルアーの魅力に釣られてしまっているんたと思います。

 

 ではさっそくインプレを。あくまで主観です。

まずはハマミノーから。

 

 

【ハマミノー】
ただ巻き:タイトめのウォブンロール
ジャーク:弱ロールダートでスライド幅は少なめながらキレあり
使用感:飛距離◎ ミノーの基準にしている
スタンダードなミノーだと思います。
飛距離が出るため広範囲を探ることができます。
また動きも派手すぎず大人し過ぎずでまさにスタンダード、とりあえず先発で使うことが多いです。
 
 
 
【ワンテンJr】.
ただ巻き:ロール主体 早巻きは姿勢を崩しやすい
ジャーク:ロールダート フラッシング強い
使用感:強めのジャークは×
最近買いました。
ワンテンは個体差化わかりませんが動かし方にコツがいるような気がします。
ただ巻きは早すぎると姿勢を崩しやすいためゆっくりめにまく必要があります。
またジャークでは、ラインスラッグを短めにして、下向きに軽くラインを弾くやり方でないときれいにダートしてくれません。
どのアクションでもソフトにやさしくを心がけて動かしています。
でもきちんと動かすとこができれば、魅力的なアクションを見せてくれるので気に入っています。
フラッシングが強く、また持っているカラーもマットタイガーなので、濁りが強い場所が舞台となります。
てか、チェイスはありましたが、まだ1匹も釣れていません…。
 
 
 
アシュラspec2】
ただ巻き:ウォブリング ぬめぬめ動く
ジャーク:スライドダートでロール極少
使用感:固定重心も飛距離は問題なし アクションさせやすい
固定重心タイプのspec2を使っています。
アクションさせやすく、適当にトゥイッチしても、ロッドを上方向にジャークしても下方向にジャークしてもよく動くので、狭い場所でも気軽に使えます。
ジャーク時のロールが少なく、滑るようにダートするので、アクションでロールダートする他のマイミノーとの使い分けができます。
 全体的に動きがなめらかです。
 

 

 

【エックスラップ】
ただ巻き :ウォブンロール ロール多め 動きが派手
ジャーク:スライドダート 速い スライド幅はまぁまぁ
使用感 他より小さめで飛距離は劣る ジャークはキレあり
4つの中では最小サイズですが動きはど派手です。
ただ巻きは動きが派手すぎてあんまり好みの動きではないです笑。
ジャークはキレキレですがスライド幅はそんなに大きくない印象です。
キレキレなので調子に乗って連続ジャークさせたり、強くアクションさせ過ぎてフックにラインを絡ませたり、水面から飛び出させてしまったりします。
 
 
以上がミノーのインプレです。
これからもどんどんミノーを使い込んでいきたいと思います。