読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i ひとりごと!

観たもの、読んだもの、体験したことの記録

ホラーとギャング

最近読んだ本です。
ホラーもの2冊と伊坂作品を読みました。
 

『鼻』曽根圭介

鼻 (角川ホラー文庫)

鼻 (角川ホラー文庫)

 

日本ホラー小説大賞短編賞の『鼻』と『暴落』、『受難』の3篇が入っていますが返却日が迫っってしまったので『鼻』と『暴落』までしか読めませんでした。

個人的には『鼻』よりも『暴落』の方がアイデアも読みやすさも好みでした。

 

 

『粘膜人間』
粘膜人間 (角川ホラー文庫)

粘膜人間 (角川ホラー文庫)

 

 程よいグロさ加減で想像力を刺激してくれる作品でした。

 
 
 
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

 

 最近よく読んでいる伊坂作品ですが『陽気なギャング~』が一番気軽に読めました。

やっぱりセリフと構成が洒落ています。