読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i ひとりごと!

観たもの、読んだもの、体験したことの記録

うる星やつら2とグラン・トリノとソナチネと満願

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』  監督:押井守

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

 

アニメのうる星やつらは観たことありませんでしたが、何かと評判がよかったので借りてみました。

原作者の高橋留美子さんからは完全に切り離された、押井守監督のうる星やつらでした。

テーマは「夢」。すごくこっていますが、うる星やつらである必要性は無い気もしました。

 

 

グラン・トリノ [DVD]

クリント・イーストウッド演じる主人公の落とし前のつけ方が良かったです。

というか幾年にもわたり罪の意識に悩まされてきたんだと思われます。最後はその罪から解放されて心は穏やかだったのかも。

 

 

ソナチネ』  監督:北野武

ソナチネ [DVD]

同じく北野監督作品の『HANA-BI』の同型もしくは前身のような作品に思われます。
主要な登場人物もそうじゃない人物もバイオレンスなので割と多く死にますが、命を軽々しくは感じさせません。なごやかなシーンの余韻を残しつつも、あっさりと死ぬため、余計に命を重く感じるような具合です。
ただ、北野武演じる主人公は生への執着があまりないように思われます。
結末の意図は監督がただ単にハッピーエンドを嫌っただけかもしれません。が、女の子と生きる道もあったが、やっぱり男と遊ぶ方が楽しい、でもその遊び相手がいなくなってつまらなくなった、よって生きる意味なし、くらいのノリだったようにも思えます。
 
 
『満願』  米澤穂信

満願

ミステリー短編集でした。米澤作品はミステリーものではありますが、トリックの巧妙さよりも、トリックを通じて犯人の意図や意志が解き明かされていくところに面白さがあると思います。そういう意味で米澤作品の青春ミステリーものは最高に面白いですが、青春を取っ払ったこの作品も十分に楽しめました。

 

 

氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)