読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i ひとりごと!

観たもの、読んだもの、体験したことの記録

激突!黄金狂砂の女の靴磨き VS 奇妙な時計じかけのミサイルマン

『激突!』  監督:スティーブン・スピルバーグ

激突!スペシャル・エディション [DVD]

姿が見えない相手に因縁をつけられ恐怖する描写が面白かったです。

最後まで謎のままなのも良いです。

 

 

砂の女』  安部公房

砂の女 (新潮文庫)

何となく読んでみました。エンタメ性たかいな~と思いました。

 

 

『黄金狂時代』   監督:チャールズ・チャップリン

黄金狂時代 The Gold Rush [Blu-ray]

チャップリンの映画を初めて観ました。本来は無声だったそうですが、ナレーションが入ったやつを観ました。演技だけでいろんな感情を表現する演出にニヤリです。

 

 

『ル・アーブルの靴磨き』    監督:アキ・カウリスマキ

ル・アーヴルの靴みがき [DVD]

演技も色使いも個性的で不自然な自然さが面白かったです。

 

 

時計じかけのオレンジ』   監督:スタンリー・キューブリック

時計じかけのオレンジ (字幕版)

学生時代以来久しぶりに観ました。

何から何まで徹底的に近未来感にあふれていて目が楽しいです。そしてアレックスを演じるマルコム・マクダウェルの怪演。特に病室で素性を取り戻した後、食事を介助してもらうシーンが大好きです。

 

ミサイルマン』   平山夢明

ミサイルマン―平山夢明短編集

最近大好きな平山夢明作品。

グロテスクの中にある美しさ。最高です。が、短編集なら『独白するユニバーサル横メルカトル』がやっぱり好きです。

 

『奇妙な仕事・死者の奢り』    大江健三郎

奇妙な仕事・死者の奢り (1985年) (日本の文学〈86〉)

ノーベル文学賞作家の作品集。まだ未読の残り三篇がチラ見して面白うそうでしたが、とりあえず表題の二作のみ読みました。

綺麗な文体に世界に共通しうるテーマ。というか日本より海外で評価が高いのが容易に想像できる作品でした。

 

 

 

 

 

 

黄金狂時代 コレクターズ・エディション [DVD]

黄金狂時代 コレクターズ・エディション [DVD]